オシャレなホームページを作ろう

ここを抑えればおしゃれに見えるポイントが存在する

デザインが優れているホームページは、閲覧者に一目置かれやすいです。だらしない格好をしている人よりも、スーツをきちんと着た、身だしなみのいい人の方が信用できるイメージを与えられますが、それと同じようなものです。ただ、おしゃれというのは人によってセンスが違うので、万人が納得するデザインのページというのはなかなか作れません。しかし、スーツを着ていればそれなりにおしゃれに見えるのと同じように、このポイントさえ抑えておけば、大抵、おしゃれに見えるというものは存在します。
そのポイントとして挙げられるのは、まず、パーツの横幅を揃えるというものです。ホームページにはタイトルロゴ、見出し、本文、メニューなどいろいろなパーツが組み合わさってできていますが、それらの幅がすべてばらばらだと散らかった印象を与えてしまいます。逆にロゴや本文の左端をきちんと揃えると、スタイリッシュな印象を与えやすくなるでしょう。

画像の質にはこだわろう

画像を利用するなら解像度の高いものにするというのも、大事なポイントです。解像度の低い画像を拡大したものは汚れているように見えてしまい、不快な印象を与えてしまう可能性が高いです。解像度の高い画像は基本的に綺麗なので、きちんとした空気感を出すことができます。一流企業のサイトが個人サイトと比べてかっこよく見えるのは、使っている画像の差といっても過言ではないでしょう。一般人の顔が写っている画像であっても、企業サイトに用いられているものは、プロのカメラマンが照明を使って撮影したものが多く、とても美しく見えます。
そして、流行に合ったデザインを採用することも、おしゃれなサイトを作る上で重要です。ウェブデザインのトレンドを紹介するブログはたくさんあるので、気に入ったところを定期的にチェックしましょう。

© Copyright Working Website. All Rights Reserved.